2017.03.22

あの「養老サイダー」が復活!!

私が地サイダー取材に本腰を入れるきっかけになったのは、岐阜県の「養老サイダー」終売のニュース。
当時、「日本最古のサイダーがなくなる」という書かれ方で、ネット上では話題になった。
2000年のことだ。

あれから17年。
なんと、今年(2017年)の秋ごろまでに、「養老サイダー」を復活する予定があるらしい。
当時のレシピが見つかったとか。

清水宅には、当時の「養老サイダー」が未開封である。
飲み比べてみようかと思う。

これを機に、伝説となってしまった各地の歴史ある地サイダーが復活していけばいいなぁ。

北海道のびん入り銀星サイダー
青森の朝日サイダー
秋田の榎サイダー
山形のキンツルパインサイダー
などなど。

今年も地サイダーは楽しい話題がいろいろありそうです。

関連記事

岐阜新聞ウェブ
https://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170319/201703190932_29249.shtml

毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20170316/ddh/041/040/007000c?ck=1

中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20170311/CK2017031102000035.html

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170318-OYT1T50028.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.10

まじめなじんべえさんの有明茶

まじめなじんべえさんの有明茶
志布志市有明町近辺で売ってます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.16

ママのみかんジュース

ママのみかんジュース
鹿児島の自社農園で作ったおいしいみかんの味を再現するために、何度も何度も試作したとか。
温州みかんのストレートジュース「ママのみかんジュース」。
やさしい味で、おいしかったです!
セレクトショップ、自社サイトで販売中。
※スーパーマーケットトレードショーにて発見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.20

「農協野菜days フルーツ&紫野菜」はすっきりしておいしい!

「農協野菜days <br />
 フルーツ&紫野菜」はすっきりしておいしい!
「農協野菜days!フルーツ&紫野菜」(雪印メグミルク/500ml/紙パック)は、果汁70%と野菜汁30%だけを使い、砂糖や甘味料、食塩などを使っていないジュース!
500ml入りで税別110円はかなりコスパがいいですね。
果汁の甘さがしっかりしているので、炭酸で割ってもおいしいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.15

合格祈願!「紅茶花伝サクラさくらんぼ」

合格祈願!「紅茶花伝サクラさくらんぼ」
「紅茶花伝 サクラさくらんぼ」(コカ・コーラ/410ml/ペットボトル)。
受験シーズンにフォーカスした商品。
さくらんぼの爽やかな酸味と香りが特徴のミルクティー。
牛乳、砂糖、クリーム使用でおいしいです。
さくら咲くといいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

振ってとろふわバナナミルク

振ってとろふわバナナミルク
「振ってとろふわ バナナミルク」(雪印メグミルク)は、バナナ味の乳飲料。
とろふわというよりはドロドロですが、バナナの味は、かなりしっかりしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.16

飲んだらマジヤバい!? 大後悔飲料、罰ケーム専用「イカ塩辛ソーダ」「納豆ソーダ」が本日より全国のドンキホーテで発売開始!

 この世に存在する食べ物、飲みものの加工品は、そもそもおいしさや健康、どちらかのために存在している。
 しかし、いずれにも属さない食品が登場しはじめた。
 「楽しさ」や「面白さ」を目的に作られたものだが、近年、少しずつ増えている。

 今回、紹介するのは「罰ゲーム いか塩辛ソーダ」と「罰ゲーム 納豆ソーダ」。

001

 いずれも、おいしく飲むためではなく、罰ゲームのために開発されたものだ。
 開発者である(有)エハラの梶田氏(元「バウリンガル」開発担当)によると、製品化にあたって、数者の飲料メーカーに相談したところ、「うちはまずいものをわざわざ作らない」という理由でお断りされたという。唯一、話を受けてくれたのが、飲料の「エンターテイメント性」に注目している静岡県の木村飲料。
 それでも、当初考えていた「くさや」「ドリアン」は製造ラインに匂いがついて、他の製品が作れなくなるということでNG。ギリギリOKとなり製品化出来たのが「いか塩辛」と「納豆」だった。
 製造会社である木村飲料の社員数名で試飲したところ、数々のおもしろ飲料メーカーであるにも関わらず、キャップを開けた途端、「来ないで」「絶対に飲みたくない!」という反応もあったとか。

 というわけで、今回はその「破壊力」を実感するべく、商品サンプルを提供いただいたので、飲んでみます。

まずは、「比較的飲みやすい」らしい「イカ塩辛ソーダ」から。

Photo

パッケージを開けた瞬間、塩辛のいい香り!
しかし、問題なのは、開けたのが塩辛のパッケージではなく、「飲みもの」だということだ。
よーく嗅いでみると、シーフード系のスナックっぽい気もする。

さて、実飲!
あー、おいしくはないけれど、飲めなくはない。
……ただし、少しなら。
口の中にじわじわ広がる塩辛感がなかなか不快。
「炭酸飲料は甘いもの」という先入観を捨てれば、なくはないかなー。
ただ、ゴクゴクは絶対無理。

原材料名を見たら「水/炭酸、香料」。
ああ、甘くしなかったのか。これはある意味正解。口の中に香りは残るけれど、「まずさ」自体は残りにくい。さすがおもしろ飲料のパイオニア、木村飲料クオリティ!

お次は真打ちの「罰ゲーム 納豆ソーダ」。

1

こちらもキャップをプシューっと開けた途端、納豆の香り。
 いや、その昔、会社で誰かさんのデスクの下からもやもやと香っていたにほい。同僚とふたりで残業していたところ、この臭いがしてきたので、私は「誰だ、納豆食べてその容器をそのままほったらかしにしていったのは!」とキレながらその匂いをたどってゴミ箱チェック。しかし、容器はない。それでも臭うので、さらに探したところ、見つけたものは、そのデスク主のサンダル……。
 そんな恐ろしい記憶を一瞬にして思い出させてくれやがっただけで、もう十分なのだが、飲まねばなるまい。

納豆、実飲!!

オーーーーーノーーーーーーー!!!!

なんか、納豆のぬめり感も感じますが、どういうことですか?
原材料には水/炭酸、香料としかないのに、なにを入れたんだ!!!

確かに納豆はイカ塩辛よりも厳しい。厳しすぎる。

いずれも、本日、2016年12月16日より、全国のドン・キホーテで販売開始らしいけど、どうなのよ!
 後悔間違いなしの「大後悔飲料」として、皆さんにお伝えいたします。
 飲むか、飲まないかは、あなた次第!

清涼飲料水評論家
清水りょうこ


〔商品概要〕

品名:罰ゲームイカ塩辛ソーダ
単品JAN/4 539950 013397
容器:250ml/ビン
希望小売価格/298円(税抜)
賞味期限/製造日より24ヶ月

品名:罰ゲーム納豆ソーダ
単品JAN/4 539950 013601
容量/容器:250ml/ビン
希望小売価格/298円(税抜)
賞味期限/製造日より24ヶ月

※店舗により価格が異なる場合がございます。

取材協力・有限会社エハラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.03

「香りの天然水うるおいウォーター」伊藤園

「香りの天然水うるおいウォーター」伊藤園
名古屋のキンブルにて10円!
効能的には非常に素晴らしいのだけど……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

贈答用キリンレモンの木箱

贈答用キリンレモンの木箱
かつてサイダーは高級品だった。
「キリンレモン」も、こんな木箱に入って贈られていたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.21

私、きれい?

私、きれい?
コカ・コーラのリボンボトルをやってみました!
ラベルをはがして、ヒモを引っ張るんですが、これで正解なのかどうかわからない。
これでいいのかな?
きれい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«この冬注目のホットドリンク1「甘く香り立つスパイスの薫るホット葡萄」